グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 学校案内  > よくある質問

学校案内

よくある質問

今年度の学校説明会などで保護者の方々からいただいた質問とその回答です。


特別奨学生(特待生)について

学業・運動両面の特待生があります。絶対条件として、推薦入試を受けることが必要です。その中で、原則アカデミック、エクシード、国際クラス該当生徒について、学業優秀者は学業特別奨学生資格を与えられます。運動部門はコース・クラスは問いませんが、本校の監督、コーチ自身の目で判断し、その運動技能優秀と認められる場合に、運動特別奨学生資格が付与されます。
また、試験(受験前)に対象生徒であるが否かがわかるか、という質問がありました。学業面については、学習状況を鑑みて、その可能性大、という形で中学からの指導があると思います。運動面については、優秀生徒について、中京高校から中学校へ正式なルートを通じて、何らかの話をさせていただきます。ただ、中学校側として生徒・保護者へその話をどう伝えるかは、中学校長の判断です。いくら運動技能優秀であっても、生活の姿勢や学習状況などできちんとしていることが大切です。中京高校としても技能だけ、という生徒はお断りします。そういった観点から中学校側も判断されると思います。

入寮と通学に関して

入寮については、原則通学が困難な場合のみです。多くの通学不可能生徒が本校を運動等々の関係で希望してくれますので、どうしてもそれらの生徒を優先します。多少時間がかかっても通学可能な場合は、通学していただくことになります。

国際クラスの人数について

国際の場合は、定員、20名を原則とします。これはホームステイ受け入れ家庭数の関係です。クラス運営上、若干少ないとは思いますが、留学を中心とした英語強化のクラスですので、良い効果を生んでいます。

商業コースの授業内容について

パンフレットに、時間割表が載っていますので参考にしてください。中学までの英数国理社に加えて、パソコンや商業実践等々、聞いたことも無い名前の強化が多くあります。これも入学して慣れてゆけば面白いものになりますし、たびたび検定試験があり、4級が3級に、2級に、また表計算検定、プレゼン検定、ホームページ検定等々、まさに将来の社会で役立つ資格が、多く取れるようになると、商業科ならではの楽しみがそこに付いてきます。資格の種類などもパンフレットを参照してください。
また、コース別見学会が秋以降にありますので、その中で詳しく説明が聞けると思います。

ビジネスクラスの習熟度授業について

ビジネスクラスの本分の一つである検定取得において、いくつかの検定科目を習熟度別に分かれて学びます。つまり得意な人はさらに上を目指すために。不得意な人はしっかり基礎から。中間に位置する人は、怠けることなく緊張感を持ち続けるために。
二つのクラスを混在させて、3つのレベル内容に別けて授業を実施します。

国際コースの1・3年時の学習・生活や出願条件などについて

1年次で英検準2級以上を取れるよう指導します。その他、英会話などを上達させます。同時に留学に対する準備は保護者会等も含め、たびたびお伝えします。帰国後の3年生はその英語力を落とさぬように、理課と数学を英語で、また7時間目を設定して英字新聞を通じた語学と社会学向上の勉強。英語でのディベートなども実施します。勿論英検は準1級を目指しTOEICでは800点越えを目指します。
そういったコースですので、中学時代にやっておくべきことは、中学時代の英語を確実にマスターしておくことです。満点でなくとも結構ですが、満点を目指して努力し続ける姿勢を保つこと、また国際感覚を様々な観点から育もうと努力しておくことが、望まれます。
国際コース出願に当たっての条件は特にありません。あるとすれば、英語が好きであること、本校へ毎日通い、2年次に確実に留学ができる、ということです。留学が出来るというのは、話しにくいことではありますが、親元を離れて一人でいることに耐えられる、という部分と、一括で留学費用を出していただける、ということが含まれています。
ちなみに留学に必要な費用は、カナダの場合240万円ほどになります。人数や当時のレートで違ってきますが。

特別進学コースの進学先・進路および部活動について

進路はさまざまです。就職者もおります。が、昨今は社会の経済事情もあり、8割方が進学です。もちろん専門学校もありますし、短大・四大と多岐にわたります。具体的な進路としては、パンフレットを参照してください。一部ですが掲載しております。
普通コースでも大学進学のための放課後講習などを実施しており、2年次以降、意識の高い生徒はそういった機会を利用して学力向上に努めています。
部活動についてですが、特進コースでも部活動はできます。強化クラブに入って頑張る生徒もおります。ただ、7時間目があるので他のコースより1時間遅れになるのも事実ですが、入部不可能ということはありません。
学業面でも高いものを目指し、なおかつ本校の強化クラブで高い技能の練習に取り組もうという意識があればアカデミックを目指すのも一つの方法です。

保育クラスの編成について

保育クラスは2年次に普通コース内で編成します。その時に試験はありません。原則希望性ですが、ただ、1年生の時に様々なボランティアへの参加を義務付けます。小さな子供の世話をするということは、あらゆることに献身的に一生懸命に取り組める気持ちが大切ですのでそういった場への参加状況などを、編成の際の一つの材料にはします。3年後期には中京学院大学短大部の保育科の試験を受験します。基本は100%合格を目指して指導します。