グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 部活動の成績  > 第69回全国高校駅伝競走大会

第69回全国高校駅伝競走大会

※第34位 2時間10分13秒 京都市西京極陸上競技場発着
1区(10㌔)    中洞 将 (2年) 30分44秒 22位・22位
2区(3㌔)     塚越祐大(3年)  9分6秒   44i位・29位
3区(8.1075㌔)    山田真生(3年) 24分43秒 17位・25位
4区(8.0875㌔)    白川大地(3年) 25分24秒 42位・30位
5区(3㌔)     熊谷 澪 (1年)  9分13秒 32位・33位
6区(5㌔)     鵜飼一颯(2年) 15分36秒 36位・33位
7区(5㌔)     堀川虹哉(3年) 15分27秒 36位・34位


”昨年超え”を目指したが、総合タイム、順位でも上回れず。2年生中洞は「現状の力は出し切ったという
気持ちがある分、力不足も痛感した」とレース後に悔しさがこみ上げてきた。「理想は15位くらいで走り
たかった。クロスカントリーなどでもっと上り坂の走りを鍛えないと、全国では戦えない。」と厳しい表情を
みせた。3区山田は悪い流れを断ち切ろうと奮闘。区間順位ではチーム最高の17位と好成績を残した。
久保田監督は「今年は選手層が薄く、けがが怖くて追い込めなかった。全国で勝負するだけの準備が
十分でなかった。」と厳しい表情で総括。中洞は「来年も必ずここに戻ってきて、今度こそ納得できる走り
をしてみせる。」と闘志を燃やした。