グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 部活動の成績  > 全国選抜大会レスリング日本一

全国選抜大会レスリング日本一

 レスリングの全国選抜大会が新潟市体育館で行われ、本校の新2年生、丸山愛斗選手が初優勝しました。丸山選手は3回戦から準決勝まですべて判定にもつれる接戦で勝ち上がりました。決勝戦では、中盤劣勢に立ちましたが粘り強く巻き返し、11ー9で判定勝ちしました。「無我夢中だったので、優勝の瞬間はよく覚えてませんが、少しずつ喜びがこみ上げてきました」とうれしさをかみしめました。
 準決勝では残り10秒まで劣勢でしたが、「点を取るしかない」と攻め続け、背後を取ると一気に4点を奪って劇的な逆転勝ちに結び付けました。決勝でも6分間の大接戦を制し、「試合で6分間フルに戦い続けて優勝できたことは、大きな自信になります」と胸を張りました。
 尚、65㌔級に出場した新2年生の小川流生選手も見事に5位入賞を果たしてくれました。