グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 部活動の成績  > 祝!インターハイ・全日本選手権大会出場選手

祝!インターハイ・全日本選手権大会出場選手

※ソフトテニス部男子 宮崎県宮崎市生目の杜運動公園テニスコート 7月25日~7月28日
部長・監督  堀 祐輔  コーチ  石川 哲也  コーチ  長屋 泰光
学年  氏名 出身中学 備考(団体・個人・種目・階級等)
3 野田 太陽 (岐南 団体・個人)
3 前田 大喜 (那加 団体・個人)
2 松田 勲虎 (赤坂 団体・個人)
2 児玉 翼    (豊川中部 団体・個人)
2 鈴木 翔太 (弥富 団体・個人)
2 安藤 颯真 (瑞浪 個人)
2 金澤 拓夢 (長浜北 個人)
2 村田 由輝 (安曇川 個人)
3 安倍 洸太朗 (蘇南 個人)
3 長谷川 大祐 (瑞浪南 個人)
3 住井 颯真 (中津第一 団体)
2 柚原 一輝 (稲沢 団体)
2 中島 望尋 (笠原 団体)
今回のインターハイ出場の切符をつかみとれたことは本当に良かったです。新チームが始まって、このチームは最悪のスタートを切ってしまいました。県の新人戦敗退から始まって、インドアの県大会では優勝ものの東海大会では負けてしまい、全国選抜大会に出ることができませんでした。そこでチームで出場権をとれたのは、全員が一丸となれたからだと思います。しかし、目標は日本一であり出場することではありません。インターハイには普段の試合とは全く違う緊張感があります。それに打ち勝つためにも、一人一人の人間性や日常生活も日本一にふさわしくし、今まで以上にチームとしてまとまって優勝したいです。

※新体操部 鹿児島県鹿児島アリーナ 7月25日~7月28日
部長・監督  梅津 節子
学年  氏名  出身中学  備考(団体・個人・種目・階級等)
3 福田 はな那 (瑞陵 団体)
3 秋山 菜実 (大木 団体)
3 石田 愛美 (港 団体)
2 小倉 千果 (瑞陵 団体)
1 塚本 美結 (駄知 団体)
1 近藤 美咲 (南ヶ丘 団体 補)

私たち新体操部は、5月19日に行われたインターハイの県予選で優勝し、インターハイ出場の権利を得ることができました。それまでは、インターハイ出場を目標に練習していましたが、インターハイ出場が決まった今はインターハイで15位以内に入ることを目標にして練習しています。目標を達成するためにはノーミスの演技をすること、私たちの持っている力を全て出し切ることが必要なので、残りの練習できる時間を大切に練習したいです。そして本番では、いちも支えてくださっている先生方、家族、応援してくださる方々に感謝の気持ちを込めて「きれいな心で1本」踊ります。

※陸上競技部 沖縄県タピック県総ひやごんスタジアム 8月4日~8月8日
部長・監督  久保田 晃弘  コーチ  犬飼 英貴  廣田 智哉
学年  氏名  出身中学 備考(団体・個人・種目・階級等)
3 中洞 将 (松倉 5000m)

インターハイでは決勝に出場することを目標に頑張ります。決勝では18人しか残ることができませんが、自分に力を最大限に発揮することができれば、十分に可能性があると考えています。決勝でも上手く走ることができれば入賞できると思います。今までの数多くのレースの経験を活かし戦います。そして、今まで支えてくださったたくさんの人に「走りで恩返し」ができるようにしたいです。

※ボクシング部  宮崎県宮崎市総合体育館  7月28日~8月3日
部長 小林 雄太  監督 田中 亮明  コーチ 近藤 広貴
学年  氏名 出身中学 備考(団体・個人・種目・階級等)
3 鍔田 泰成 (米原市立大東中 ピン級)
2 坂井 涼 (大垣市立西中 ライトフライ級)

私は全国大会で優勝するために中京高校へ入学しました。そして、高校最後の年となった今回、インターハイに出場することができました。同級生や後輩が一緒になって練習をサポートしてくれたので、どんなにつらい練習にも耐えることができました。これまで戦ってきた選手、両親や友達、そして先生方への感謝の気持ちを胸に、1試合1試合全力で戦います。高校3年間の想いをインターハイでぶつけてきます。応援よろしくお願いします。

※レスリング部  熊本県玉名市総合体育館  7月29日~8月1日
部長・監督  岡本 裕樹  コーチ  若山 真毅 
学年 氏名 出身中学 備考(団体・個人・種目・階級等)
2 寺本 鈴 (四日市市立富田中学校 フリースタイル)

今回のインターハイは必ず優勝します。なぜなら昨年は準優勝でこの1年間でレベルアップした自分の成果を発揮すれば、必ずできるからです。
先日までカザフスタンにアジアカデットで行っていたのですが、2位入賞することが出来ました。1位を狙っていましたが、いつも3位だったので少しずつ成長していると実感できて大変励みになりました。この悔しさと励みをバネに全ての試合で危なげなく勝ち上がっていきたいと思います。

※柔道部 鹿児島県鹿児島アリーナ 8月9日~8月13日
部長 小栗 宗一 監督 馬場 大輔    
学年 氏名 出身中学 備考(団体・個人・種目・階級等)
2 中村 俊太 (愛知・佐屋 男子個人81㎏級)
1 関根 希思 (埼玉・芝西 女子個人)

・中村 
私は2年生ながらもインターハイという大きな大会に出れるので、自分の持っている力を発揮できるようにしたいのと、今まで支えてくれた人の感謝の気持ちを忘れずにしたいと思います。そして自分の目標は日本一なので自分が強くなるために日々練習に励んでいきたいと思います。

・関根
私は今年のインターハイで1年生らしく全力で試合にのぞみたいと思います。中学生の時は1回も全国大会に出れずに悔しい思いをして、高校では日本一になるのが私の目標なので、今回のインターハイでその目標に近づけるように頑張っていきたいと思います。また、まわりの人や先生への感謝をわすれずにがんばります。

※ボウリング 
JOCジュニアオリンピックカップ全日本高校ボウリング選手権大会
神奈川県川崎グランドボウル 7月29日~7月31日
学年 氏名 出身中学 備考(団体・個人・種目・階級等)
3 村瀬 大河 (瑞浪 個人)

僕は全国大会で表彰台に立つために取り組んできました。一年生の時には、表彰台に立つことができましたが、二年生では表彰台に立つことができませんでした。二年生の時に味わった悔しさを胸に、一年間練習に励んできました。試合では、練習の成果を思う存分発揮して日ごろから応援してくださっている方々、そして両親に感謝の気持ちを忘れずに試合に挑みたいです。高校生活三年間の集大成として、自分が満足できる試合をしたい。
平成から令和最初の高校生チャンピオンになりたい。