グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > スクールライフ  > 運動部

スクールライフ

運動部

建学の精神の中の『スポーツの殿堂』を牽引する数多くのクラブ

剣道部の全国優勝をスタートに、陸上駅伝部、弓道部、軟式野球部が団体での日本一に輝いています。
個人では、ソフトテニス部、ボクシング部、卓球部の選手が日本一を獲得しています。
そして平成25年秋、中京高校初の在籍中の『プロ』選手が、ボクシング部から出ました。そして見事、卒業後には世界チャンピオンに。中京初、東濃初、岐阜県初のチャンピオンです。
また、平成28年度には、長い長い練習の積み重ねの結果、サッカー部が始めての全国選手権出場を果たしました。
多くの運動部が、建学の精神のスポーツを牽引してくれています。


校技である硬式野球部は甲子園に10回の出場を果たしており、プロで活躍する選手も輩出しています。
そして軟式野球部は計5回の全国選手権大会優勝を誇ります。平成23年度には、準決勝で完全試合を達成し、決勝では延長逆転サヨナラでの見事な優勝をしました。国体と合わせれば計9回の日本一です。

ソフトテニス部や柔道部、サッカー部、体操部、新体操部なども常に県で上位を占め、全国の舞台で活躍しています。冬の華であるスケート部の活躍も見逃せません。また個人の部門では、最近急上昇しているのがボクシング部。平成23年の国体では、2階級にわたってチャンピオンを出しています。

どのクラブも、その技術力はさることながら、精神面の強化も怠ることなく、『強い選手である前に立派な高校生であれ』という意識の下で人間形成にも力を入れています。心技体が一体化した生徒・選手として、今後もさらに飛躍を遂げてくれるものと思います。本校生徒の模範者として一層の精進を期待しています。
そして平成24年度にはいよいよ地元岐阜県での国体が開催されます。多くの生徒が参加すると思いますが、是非、本校の代表であり岐阜の代表として、リーダーシップのとれる戦いを期待します。

※よくあるご質問ですが、一部特定クラブは在籍コースが限定されるような意図の質問があります。強化指定クラブの中には、それを『望む』場合もありますが、強制力はありません。(ただし、文武コースには、そこに在籍する生徒の在籍クラブ指定があります)
 また、強いクラブには、中学時代に本校監督から中学校長を通じて『声をかけられた』生徒しか入れない、というような認識の方もみえるようです。もちろん、強くなるためにはある程度、強化練習をしますので、生半可な気持ちでは難しいものの、地道に必死に練習についてゆこうとする姿勢があれば、『声をかけられた』生徒以外でも、入部することは可能です。是非、挑戦してみてください。

感謝の気持ち、謙虚な心、向上心を忘れない をモットーに『全国制覇』を目指します。


「強い選手である前に立派な高校生たれ!」を目標として人間形成に力を入れています。


全国大会の出場と、指導者・社会貢献のできる人材の発掘が目標です。サッカー経験者は勿論のこと、初心者でも3年間十分活動して行くことの出来るクラブです。


目的を人間形成、目標を日本一とし、チームが一丸となり、毎日練習しています。


再び県のベスト8に返り咲くことを目標に練習しています。
土曜日、日曜日は様々な学校で練習試合をしています。


目標は「日本一」。剣道をもっと好きになれるクラブです。


弓道を通して、部活を通して、そして仲間を通して学ぶ礼儀と精神が強さの要素であり、中京弓道部の誇りです。


選手強化に励んでいます。


主に5人で1つの演技を踊る団体を中心に、全国大会上位入賞に向けて頑張っています。リボン・こん棒を使って個人の練習を行ない、毎日技をみがいています。


全国制覇 !!

部 長 小栗宗一
監 督 馬場大輔
コーチ 馬場あさみ


スケートを通じて、自分自身と向き合う力を養うとともに、
何事にもあきらめない自分づくりを目指します。


インターハイベスト8とクラブ活動を通して人格形成をすることが目標です。


全国大会へ出場し、1つでも良い成績を残すことを目標としています。


 現在男子バレー部では、中学校からの経験者、高校からの初心者がちょうど半分ずつ所属しているチームです。年々、バレー経験者が少なくなる中、高校からバレーを始める人が少なくありません。経験者が一緒になって練習することで、日に日に上達する毎日を送っています。先輩、後輩での会話がこうした場から生まれ、自然にチーム内での声かけができ、輪ができています。
 「毎年県大会出場」を目標に、チーム一丸となって活動を行っています。年によって、チームの色は違います。しかし、どんな状況に置かれても全員が「挑戦者」という気持ちを忘れず、「勝つ」という目標に向かって取り組んでいます。
所属している生徒は、進学コース・商業コース・保育クラスと幅広いです。中でも、勉強と部活の両立においては、有名私立大学をはじめ、国公立大学への進学を果たした先輩もいます。集まって練習することが大切なので、部員全員が「絆」を大切にしています。


 現在女子バレー部には、さまざまなコース・クラスの部員が所属しています。特進コース・商業コース・保育クラスと幅広いです。勉強面では放課後講習や検定取得、生活面では学校行事の準備やバサラ演舞など忙しい中での部活動ではありますが、コツコツと練習を続けています。学業との両立を心がけながら頑張っている生徒ばかりです。集まって練習することこそ大切であり、部員全員が「絆」を大切にしています。


「全力・真剣・挑戦」をチームの活動方針としています。「全国大会出場」をチームの目標とし、チームとして強くなるのはもちろん、1人1人のプレーが上達するよう、3年間努力しています。バスケットが好きな人、初めてプレーする人でも一緒に活動しています。また、生徒が自主的にボランティア活動や清掃活動を行っています。バスケットを通じて、たくさんの仲間や思い出を作りましょう。みなさんとバスケットができることを楽しみにしています!


部員が少ないのでじっくり練習に取り組めます。目標はインターハイ出場です。


男女ともに団体で県大会出場を目指し,日々練習に励んでいます。
部員のほとんどが高校からバドミントンを始めています。


地区制覇、県大会出場を目指して個々のレベルアップとチームワークの強化を行なっています。


個人・団体のそれぞれで全国大会出場が目標です。


伝統空手の基礎を徹底的に習熟していくことを目指しています。


東海大会、全国大会出場を目指し、一人一人練習プログラムをたて、基礎体力をつけながら記録を徐々に伸ばしています。


部訓にある『勝利の虹』を見るために日々練習に励んでいます。