グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 通信制課程  > サポート校の役割

通信制課程

サポート校の役割

サポート校の役割と特長のご案内です。


通信制課程は基本的に自学自習のため、自己管理に基づく学習計画と継続性が求められます。
サポート校は、通信制課程に学ぶ生徒が確実に卒業資格を取得できるように、学習面や生活面などを支援する教育機関です。
サポート校だけでは卒業資格は得られません。しかし、サポート校の果たす役割は学習支援だけではありません。既成の教育概念にとらわれることなく、生徒一人ひとりの個性やレベルに合わせたきめ細かな個人指導と、社会性の育成を含む幅広いサポートが特長です。

中京高等学校通信制課程は、サポート校「へいせい義塾館高等学院」を開設して支援体制を整えています。(リンクは別ウインドウで開きます)